ナオブログ

最新のトレンド情報を配信しています

住宅街に謎のシールを貼った犯人の名前や顔画像は?迷惑行為の内容や理由は?富山市水橋地区

 

こんにちは!

 

 

現在富山市水橋地区で謎の迷惑行為が繰り返されています。

 

 

それは住宅街のいたるところにシールを貼るという訳の分からない行動。

 

 

周囲の住人からは不安の声が上がっており、謎の行為に皆恐怖を抱いています。

 

 

今回はそんな迷惑行為をしている犯人と迷惑行為の内容について調査していきたいと思います。

 

 

 

 

富山市水橋地区の住宅街に謎のシールを貼る迷惑行為!

 

 

住宅街のいたるところに貼られた、白・緑・青などの謎の5色のシール。

誰が何の目的で...。

取材すると、ある一定の法則が浮かび上がってきた。

街の至るところに貼られた、丸いシール。

郵便受けの横にもぺたり、駐車場の柱にもぺたり。

近隣住民は「誰がしたかわからないから気持ち悪いね。気味悪いっていうか」、「丸いシールが貼ってあった。気持ち悪い」などと話した。

住民たちが口をそろえて「気持ち悪い」と眉をひそめる、謎のシール。

これはいったい何なのか。

現場は、富山市の水橋地区にあるのどかな住宅街。

シールは、わかっているだけでも5色。

しかし、それが何を意味しているのかはわからず、住民たちは頭を悩ませていた。

近隣住民によると、こうした5色のシールは、6月下旬から1軒の住宅につき、1枚貼られるようになり、水橋地区だけでもおよそ40カ所で確認されているという。

この問題に立ち上がったのが、近所に住む市議会議員。

シールに込められた暗号の解読を試みている。

押田大祐富山市議は、「黄色の家は日中いない、緑は人がたくさんいる、紺色は老人夫婦だけな感じ。わたしが見ていると」と話した。

シールの色は、住人の年齢や生活パターンを表しているという市議。

番組が近隣住民から得た情報と総合したところ、白が空き家、黄色は日中人がいない家、緑はたくさんの人が住んでいる家、青は高齢者が住み、赤はサンプルが少ないため、わからないという結果に。

押田富山市議は「“訪問販売”や“振り込め詐欺”とかのマーキングじゃないかと言われている」と話した。

5色のシールは、訪問販売や振り込め詐欺のターゲットとなる、いわば標的仕分けのサインなのか。

調べてみると、こうした住宅へのマーキングは、過去にも存在した。

2003年、関東地方で、住宅の表札にシールが貼られたり、暗号のような数字や記号が書き込まれる被害が相次いだ。

これらは、悪徳訪問販売業者が、住民の在宅時間や押しの弱さなどを暗号にして残しておいたものだった。

そこで11日、総合防犯設備士の高嶋郁さんに、シールだらけの街をパトロールしてもらった。

高嶋さんは、「玄関マーキングといって、訪問販売や空き巣狙いみたいなものが下見をしていて、入りやすそうな家にマークしていくことはよくある」と話した。

高嶋さんは、5色のシールを犯罪者の常とう手段“玄関マーケティング”の可能性が高いと指摘。

高嶋さんは、「周りに不審者がいなかったかどうかなど、近所のコミュニケーションが一番大切。証拠に残るように写真を撮る、跡が残らないようにきれいにはがす」と話した。

住宅や標識に無断でシールを貼る行為の法的な問題について、山田・尾崎法律事務所の厚井久弥弁護士は、「基本的には軽犯罪法違反。シールを貼るために、塀で囲まれた庭に入ったということになれば、立ち入る行為自体が住居侵入という罪にあたる可能性も」と指摘した。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190711-00420653-fnn-soci

 

住宅街のいたるところに謎のシールが貼られていては気味が悪いですよね。

 

 

今回の事件は、シールに何か法則性がある可能性があり、犯人はもしかしたら良からぬ計画を企んでいるのかもしれません。

 

 

住宅街に謎のシールを貼る迷惑行為!迷惑行為の理由は?

 

 

一体迷惑行為の理由は何なんでしょうか?

 

 

調べてみたところ、現在はまだ何の目的で貼ったのかという情報は判明していませんでした。

 

 

動機が分からないとはかなり不気味な迷惑行為ですよね。

 

 

迷惑行為のはっきりとした理由は未だ判明していませんが、近所に住む市議会は貼られたシールの暗号解読を試み、訪問販売や振り込め詐欺のマーキングではないかと推測しています。

 

 

シールは貼られたままでは危険なため、周囲に住んでいる人はシールを見かけたら必ず剥がすようにしましょう。

 

 

住宅街に謎のシールを貼る迷惑行為!迷惑行為の犯人は?

 

 

一体このような迷惑行為は誰がしているのでしょうか?

 

 

調査してみたところ、現在まだ情報がありませんでした。

 

 

今のところ、目撃情報が一つもなく、貼った人物の特定には至っていないそうです。

 

 

犯人は人気のない深夜などに住宅街に忍び込み、シールを貼っているのかもしれません。

 

 

犯人らしき人を見かけたらすぐに警察に通報しましょう。

 

 

今後、犯人が特定でき、迷惑行為がなくなることを願います。