ナオブログ

トレンド、ブログ運営、心理学について書いていきます

木津屋の冷蔵庫に女子大生(木津いぶき)の遺体!犯人は父親で自殺した?殺人の理由や家族関係などを調査!

 

こんにちは!

 

 

7月7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久の和菓子店の冷蔵庫の中で、女子大生の遺体が発見されました。

 

 

遺体は冷蔵庫の中に丸めて詰められており、事件の闇は深そうです。

 

 

また、遺体発見当時、この店を経営する父親と連絡が取れず、同日午前、父親はさいたま市内の河川敷で死亡しているのが見つかりました。

 

 

父親が娘を殺して冷蔵庫の中に詰めて自殺するというこの奇妙な事件。一体何があったのでしょうか?

 

 

今回は、『木津屋の冷蔵庫に女子大生(木津いぶき)の遺体!犯人は父親で自殺した?殺人の理由や家族関係などを調査!』と題して、この事件の真相を徹底調査したいと思います。

 

 

 

 

冷蔵庫に女子大生の遺体!犯人は父親で自殺!

 

 

 東京・荒川区で和菓子店の冷蔵庫から女子大学生の遺体が見つかった事件で、6日夜から連絡が取れなくなっていた父親がさいたま市内で7日朝早く、遺体で発見されました。

 7日午前1時前、荒川区にある和菓子店の業務用の冷蔵庫から大学1年の木津いぶきさん(18)の遺体が見つかりました。警視庁によりますと、6日夜、店を経営する父親から家族に「娘を店で切った、死にたい」と電話があり、捜査員が冷蔵庫で遺体を発見しました。
 近所の人:「すごくいいんじゃないの家族は。(父親は)まじめな人。朝早く来て、夜遅くまで働いている」
 その後の捜査関係者への取材で遺体の首には強く押さえ付けられた痕があったことが分かりました。そして、7日午前5時前にさいたま市岩槻区で父親が首をつった状態で遺体で見つかりました。警視庁はいぶきさんの死因の特定を急いでいます。

引用:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6329279

 

 

父親は娘である木津いぶきさん(18)を殺し、それを丸めて冷蔵庫に詰めました。父親は娘を殺した直後、家族に「娘を店で切った、死にたい」と電話をしたそうです。

 

 

これは最近あった事件の中でも最も奇妙な事件ですよね。娘を殺すだけでなく、それを冷蔵庫に詰めるとは何がしたかったのでしょうか?

 

 

また家族を殺したということで何かしら家族内でトラブルがあったのでしょうか?そして犯行は計画的なものであったのか、突発的なものであったのかなど事件の真相は一体どうなっているのでしょうか?

 

 

なぜ父親は娘を殺した?

 

一体父親はなぜ娘を殺してしまったのでしょうか?

 

 

娘を殺した犯人は父親の木津英喜さん(43)です。

 

 

木津英喜さんは6日の午後娘である木津いぶきさんを殺し、冷蔵庫に放置しました。

 

 

事件があったのは東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、父親はその店を経営していました。

 

 

 

 

 

 

 以上が事件のあった東京都荒川区東尾久4丁目です。

 

 

事件があった和菓子店は「菓匠木津屋」という店です。

 

 

 

現在、店頭のシャッターには「都合によりしばらくお休み致します」との文字が。

 

 

犯人である木津英喜さんは6日夜に娘を殺した後、家族に「娘を店で切った。死にたい。」などと連絡をしました。

 

 

しかし、いぶきさんの遺体には首に圧迫痕があったのみで、切った後はなかったそうです。

 

 

これは電話の内容と異なりますよね。

 

 

また警察は、事件直前、木津英喜さんと木津いぶきさんが何かしらのトラブルで争い合い、殺人に至ったと推測していますが、店内には特に争ったそうな形跡はありませんでした。

 

 

そして最も不可解なのが、父親がその後、さいたま市岩規区の河川敷で首を吊った状態で発見されたということです。

 

 

同区内には父親のオートバイも発見され、娘を殺した直後、オートバイで移動してきたと考えられます。

 

 

 

 

 なぜさいたま市岩規区の河川敷まで移動してきたのかも気になりますね。

 

 

事件の闇は深そうで、父親が娘を殺した理由は未だ判明しておりません。

 

 

また何かわかり次第、追記していきますね。

 

 

 

家族関係はどうなっていた?

 

 

父親が娘を殺したということで家族間に何かしらの問題があったのでしょうか?一体家族関係はどうなっていたのでしょうか?

 

 

まず、家族構成ですが、

 

・父親(木津英喜さん)

・母親

・長女(木津いぶきさん)

・弟

 

となっています。

 

 

次に家族関係ですが、この事件とは裏腹に家族関係はとても良好だったそうです。

 

 

和菓子店の近くに住む70代女性は、「娘をクラシックバレエに通わせるほど教育熱心であり、とても仲の良い親子であった。娘さん(木津いぶきさん)は大人しいタイプで、家族関係の悩みは聞いたことがない。」と話していました。

 

 

家族関係は悪かったのではないかと思っていましたが、それとは反対によかったのですね。それだけに、なぜ父親は娘を殺してしまったのか気になりますね。

 

 

ネットの反応

 

 

 

 

  

 ネットでは驚きの声と共に怖いというコメントも多かったです。

 

 

また木津屋を訪れたことのある客からはこのような声が。

 

 

 

 

 

木津屋は利用客からの評判が良かったらしく、事件が木津屋で起こったと知った客からは「ショック、、」という声で溢れていました。

 

 

まとめ

 

事件をまとめると、

 

・被害者は18歳女子大生の木津いぶきさん

荒川区東尾久4丁目の「菓匠木津屋」の業務用冷蔵庫内で遺体が発見

・遺体には首を絞められたような跡があった

・父親はさいたま市岩規区の河川敷で首吊り自殺

・現在、店は休業中

 

ということです。

 

本当に怖いですよね。

 

 

今回の事件は加害者も被害者も既に亡くなってしまっているので、事件の真相が判明するのは難しいかもしれません。

 

 

もしかすると、家族である母親と弟から何かしらの情報が判明するかもしれませんね。

 

 

以上、『木津屋の冷蔵庫に女子大生(木津いぶき)の遺体!犯人は父親で自殺した?殺人の理由や家族関係などを調査!』と題して、冷蔵庫女子大生殺人事件について書きました!