ナオブログ

トレンド、ブログ運営、心理学について書いていきます

他者の評価を気にするワケ[行動心理学]

 

人は誰しも他者からの評価を気にしてしまいますよね!

 

 

あの人にどう思われているのだろうか、とかあの人に嫌われていないだろうかなど!

 

 

人の目を気にしても仕方がないことは分かっているはずなのになぜか気になりますよね!

 

 

今回はそうした他者の評価を気にするワケを詳しく解説していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周りからの評価が気になってしまう

 

 

学校や仕事場で自分の評価が気になってしまうのは当たり前のことです!

 

 

他人が自分をどう思っているのか知りたいのは、人間が「社会的動物」であるからなんです!

 

 

人類は長い間、歴史において集団を作り出してきました!

 

 

そこからはじき出されると生きていくのが困難になります!

 

 

そのため、周囲の人に必要とされたい、認められたいという思いが強くなりました!

 

 

また人は自己評価よりも他者評価が高い方がより嬉しく感じます!

 

 

目上の人に評価される場合は尚更です!

 

 

他者に認められることは自尊心を満たすことになるのですね!

 

 

 

 

自己評価が低い分周りから評価されたい

 

 

他人の評価を気にすることは当たり前とはいえ、あまりにも人の評価を気にしてばかりいたら自分に嫌気がさしますよね!

 

 

こうした、他人の目を気にしすぎてしまう人は自己評価が低い傾向があります!

 

 

自己評価が低い人は、無意識のうちに他人からの評価で自分の評価を埋めようとしているのですね!

 

 

またそういった自己評価を高めたいがために他者評価を得ようと躍起になる背景には、強いコンプレックスを抱えている場合が少なくありません!

 

 

それを乗り越え、自己評価を保てるようになれば他人の目ばかりを気にする自分を変えられます!

 

 

自分に自信を持つことが大切なんですね!

 

 

自分の評価が分かるエゴサーチ

 

 

 

エゴサーチをする理由もまた、他人の目が気になるがゆえです!

 

 

普段の自分の姿が、他人の評価と一致しているかどうかを確認したいためにエゴサーチをしてしまうのです!

 

 

ただ、エゴサーチをする人は、本当は自分のことが好きな場合が多いです!

 

 

自己評価が低い人はわざわざ自分のことを調べたりなどしません!

 

 

エゴサーチをする人は、大好きな自分の姿を確認したいのですね!

 

 

 

 

 

 

以上、他者の評価を気にするワケや、その解決方法でした!

 

 

他者の目を気にすることは悪いことではないですが、気にしすぎることは避けた方が良さそうですね!