ナオブログ

トレンド、ブログ運営、心理学について書いていきます

コンプレックスを乗り越える方法[行動心理学]

 

誰しもコンプレックスは持っていますよね!

 

 

背が低い、足が短い、目が小さい、足が遅い、学歴が低いなど自分の能力や外見と他人を比べて悲観的になる人も多いはずです!

 

 

今回はそんなコンプレックスの克服の仕方を伝授します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンプレックスによって成長する?

 

 

日本ではよくコンプレックスを劣等感とも読んでいますよね!

 

 

しかし、コンプレックスの本来の意味は、無意識の中の感情や記憶の集合体のことなんです!

 

 

劣等感以外の感情のことも意味するんです!

 

 

そしてそのコンプレックスという言葉を初めて用いたのは心理学者のユングなんです!

 

 

ではコンプレックスによって成長するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

答えは、コンプレックスをプラスのエネルギーに変換することです!

 

 

例えば、背が低くても筋肉をつけ体を大きくしようとする、学歴が低くても、起業をして成功するなどです!

 

 

自身のコンプレックスをバネに、いろいろなことに挑戦することが大切なのですね!

 

 

逆に言えば、多少のコンプレックスがないと人は成長できません!

 

 

また大きく挫折した時に立ち上がることができなくなります!

 

 

自分のコンプレックスを悲観的に捉えるのではなく、それをバネに向上心を持つことが大切なんです!

 

 

 

 

過度のコンプレックスは病気につながる?

 

 

 

人間、多少のコンプレックスは必要ですが、それが強すぎると、心の病気の原因ともなります!

 

 

うつ病や対人恐怖症、依存症などの精神疾患がその代表例です!

 

 

そういった場合は催眠療法で無意識に働きかけることが効果的です!

 

 

心理学者のユングもコンプレックスが治れば、心の病も治ると考えました!

 

 

 

 

様々なコンプレックス

 

 

 

コンプレックスは劣等感以外にも克服が難しい様々なものがあります!

 

 

 

例えば、マザコン(マザー・コンプレックス)はその代表例です!

 

 

ザコンは成人男性がいつまでたっても母親に依存することです!

 

 

他にも様々なコンプレックスがあります!

 

 

 

子供の頃虐待されていた母親が今度は自分の娘などに虐待をしてしまう「白雪姫コンプレックス」、自分よりかなり年下の少女に性愛感情を抱いてしまう「ロリータ・コンプレックス」など!

 

 

このようなコンプレックスはなかなか克服できないので厄介ですよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、コンプレックスを克服する方法やコンプレックスの種類について述べました!

 

 

劣等感などのコンプレックスは誰しもが持つものなので、しっかりとそれに向き合うことが大切なのですね!

 

 

コンプレックスを克服し、さらなる高みを目指す向上心を持ちましょう!